ライターを目指してる人に就職までの流れを説明していく

- サイトひとつをまとめてライティングする書き方

サイトひとつをまとめてライティングする書き方

ウェブライターとして執筆活動をしていると、コラムの記事を何文字以内でとかコンテンツの違った記事をセットで執筆して欲しいとかいう依頼も来るようになります。
ライターの作業で大変なのはその様な仕事ではなく、実は自分の好きなことを題材になん記事かお願いします。
と言った内容が一番困ってしまう依頼だったりするのです。
募集によって集められた人材に仕事を振り分ける中間業者は大半の場合相手と顔を合わせることなく仕事を依頼します。
なのでその人のライティングのスキルに応じてひとつのサイトをまとめて作成すると言う依頼もしたりするのです。
サイトひとつと言うことは、冒頭の文面と、いくつかのパーツになる文面をセットで考えなければなりません。
その際に重要となるのは、冒頭の文章と小出しの記事の共通性です。
サイトひとつと言う依頼の場合はとにかく小出しに記事を書くのではなく、冒頭分を作成してそれに連動した小出しの記事を書いていくのが重要です。
その際に記事を書き出す前にキーワードをいくつか書き出しておきましょう。
それを参考に書き進めていくと、文章にぶれが無くなってまとまりが生まれます。
そして見直すときにその文章を一度一枚にまとめて読んでみましょう。
まとまりの無い記事を見つけるのに効果があります。